読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まい。のポケモンサンムーン日記帳。

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【シャドウバース】6月30日更新!妥協アリのリセマラ当たりランキング!というよりリセマラをしないと後悔することを考えました。【シャドウバース攻略日記14】

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



という訳でそろそろリセマラの当たりカードをするべきかという事について考えてみました。

 

シャドウバースは実際に無課金でも遊べるし、プレイに関してあまり気にしないでも良いのが多いのが本音。ですが、最初にリセマラを凝っておくとかなり後のプレイが楽になると言っても過言ではありません。

 

このゲームでの最大の特徴は言わば分解であり、無課金でも様々なカードが手に入るようになってます。

 

なので最初の段階で1つのデッキが作れる&あまったレジェンドレアという図式が一番なのですが、今回はそんな中で数十回リセマラして遊んだ筆者がリセマラでこれ引いておけば楽だよ!という理由を書いていこうと思います。

 

と言いつつもほとんど他と一緒だと思うので、参考程度にどうぞ。

 

■ 当たり sランク

という訳で昨今のリセマラランキングの周辺情報を合わせて見ていきます。

 

各種プレミアムレジェンドカード。

一番リセマラで大きいのはプレミアムカードのレジェンドレアでしょう。これだけは譲れません(笑)分解すれば2500というレッドエーテルが手に入ります。実質ゴールドレアを3つ作れる計算ですので、好きなデッキをグッと製作しやすいのは言うまでもありません。

 

なので、筆者的には無課金で進める場合には使わないカードを選ぶと言うのもいいかも。楽しみたい場合には必須ですし格安デッキは案外ここら辺で作れてしまいますよ?

・ダークドラグーン・フォルテ 

f:id:hukusyunyu:20160623190110p:plain

進化前 5・1

疾走

覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

進化後 7・3

疾走

覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

 

ドラゴンデッキのエース。そして、進化で7ダメージを出せる救世主でもあります。

このカードの大きな点はとにかく強い。そして早い。

また覚醒していれば攻撃されないという点もメリットです。これは言わばダメージを与えるカードが無ければ詰みということ。守護があれば良いですが守護は大抵コストを伴う後手の行為なので相手は体力が最低でも10はないといけません。

 

また疾風なので早く切り込めます。6コスト故に複数枚あれば覚醒前に動くことが出来て相手に除去を使わせることが出来るのがかなり大きいんですよね。

相手がドラゴンであれば必ず警戒するべきカードの1つですが、同デッキのローウェンにはドラゴンウォーリアというカードで対抗できるので以外と楽かもしれません。

 

これが体力4だったらやばかったですね・・・。

f:id:hukusyunyu:20160626045811p:plain

 

ちなみにフォルテは、アグロやミッドレンジでも採用しやすいのがポイント。如何に早く攻撃できるかという疾風デッキの要になるカードなのでかなり採用されている率は高い。

なので今回はSランクのトップという事にしました。

・マーリン 

イザベルデッキで、尚且つスペルウィッチでは必須のカード。

f:id:hukusyunyu:20160629173938p:plain

 

進化前 3・2

ファンファーレ

スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 攻撃時 スペルブースト する。

進化後 4・3

進化時 スペルブースト を持つスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 攻撃時 スペルブースト する。

ただし、デッキによっては2枚あったほうがいいとも言えるカードなので案外デッキによってはかなり厳しい選択肢を迫られることも。

なのでリセマラランキング上位と言いつつも、スペルブーストしつつアドバンテージも取れるこのカードは中々に作るのが大変なわけなのであります。

 

なのでマーリンの場合では次元の超越やその他のカードの引きで決めるのがベスト。

f:id:hukusyunyu:20160626064302p:plain

f:id:hukusyunyu:20160626045645p:plain

個人的にはファイァー・チェインなどのカードも一緒に出てきたらやめても良いかもしれません。なんだかんだでスペルブーストが欲しいカードは案外ゴールドレアに集約されているのでそのあたりで見ていくのが良いかも知れませんね。

 

mainikki.hatenadiary.jp

 


・ジルニトラ

f:id:hukusyunyu:20160629175827p:plain

忘れられていますが、ジルニトラはドラゴンが出せるカード。特に進化すれば更にドラゴンを出すことが出来ます。

進化前 3・1

疾走

ファンファーレ ドラゴン1体を出す。

進化後 3・1

疾走

進化時 ドラゴン1体を出す。

 

このドラゴン2体はステータスが5・5と高く相手のデッキ次第では対抗手段無しのデッキになります。

これはドラゴンデッキの強みで、進化したときのジルニトラ自身は弱いですが、元々ドラゴン×2の性能は充分なので一気に3対増えたと思ったら面白いかもしれませんね。

 

しかし、ドラゴンデッキでは疾走はかなり大切なカードでジルニトラもちゃっかり疾走を持ってますのでご安心を(笑)

 

・ツバキ

f:id:hukusyunyu:20160629182601p:plain

進化前 4・3

潜伏

ファンファーレ 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。

進化後 6・5

潜伏

エリカデッキでは切り札なこのカード。剣豪の効果をファンファーレ効果で持ってるのは魅力的。そして潜伏なのである程度の耐性を持っています。

 

しかし、肝心の環境入りしているアグロデッキではかなりの苦戦を強いられますし万全のリセマラを行うなら他のロイヤルも引いておきたいところ。

出来ればロイヤルセイバーなどの並べるデッキではかなりキツイオーレリアなどもついでに出ていればいいかもしれません。

f:id:hukusyunyu:20160629184929p:plain

 

進化前 2・6

守護・ファンファーレ 「相手のフォロワーの数」と同じだけ+1/+0する。相手のフォロワーが3体以上なら、「相手の能力で選択できない」を持つ。

進化後 4・8

守護

 また、ロイヤルは格安で作れる速攻ロイヤルデッキなどもあり実はロイヤルは非常に初心者に優しいデッキが多いのです。回していくうちに面白い!と思ったら是非触ってみることをオススメします。

 

 また、同効果を持っている剣豪もいるのでロイヤルデッキではあえて採用しなくてもいいというメリットもあります。ミッドレンジが流行すれば輝きますがアグロにはあまり強く出れないのでその点は注意。

 

・エンシェントエルフ

f:id:hukusyunyu:20160629185118p:plain

進化前 2・3

守護

ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。

進化後 4・5

守護

 

エンシェントエルフは、自分のフォロワーを戻して効果を発揮するカード。今冥府エルフなどのコンボエルフが流行ってますが、このカードもある意味コンボを決める点ではかなり大事なデッキになります。

 

実際アリサデッキではかなり大事だったりするので、出ればラッキー!という感じで持っておきたい1枚でした。

 

ケルベロス

f:id:hukusyunyu:20160626193634p:plain

進化前 3・3

ファンファーレ ミミとココ1枚ずつを手札に加える。

進化後 5・5

効果なし

ネクロマンサーではとりあえず器用なカードなのでSランクとさせて頂きました。初心者にはおすすめで格安でのネクロデッキにいれておけば機能しますから当たるだけでデッキが組めるという嬉しさもあります。

 

元々、パンプアップのカードと直接火力を手札に加えるのはネクロではかなりのアドバンテージですので様々なコンボやミッドレンジそして安いネクロデッキでも採用されるという幅の広さが良いなぁという感じですね。

 

 

現在様々なカードをリセマラで検証して試しています。

 

また、無課金でも組めそうな安価デッキを製作しているのがメインのブログですが情報提供もして頂けるとありがたいです。

まだまだ初心者ですが、色々検証してしらべていきますー。

それではノシ 

mainikki.hatenadiary.jp

 

・リセマラをしないと困ることはある? 

実際のところ困ることはありませんが、無課金で楽しむ場合ではかなり大変なことが多いと思います。

 

例えば、ゴールドレアなどのレッドエーテルの生成。これに関してはかなりの苦労を強いられることでしょう。実際に10回ガチャを引くだけでは本気で楽しむことは不可能ですし、デッキの根本であるカードの生成にはチュートリアルだけの400だけでは作ることは無理なので最終的にレジェンドレアを数枚砕くことになります。この時にどれだけ余裕が持てるかがポイントです。

 

案外リセマラせずとも行けますが、もしかしたらレジェンドレアは多いに越したことは無いのでやってても損はないと思います。

ただ、このゲームでのバランスが下方修正されたりするという情報もいまだありません。今後のことも考えると様々なデッキが作れるあたりが来るのがベストかもしれませんね。

 

関連記事

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。