FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【シャドウバース】ビショップデッキを無課金で組んでも戦える回し方を紹介しますが、こんな苦悩が待っています。【シャドウバース攻略日記12】

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



f:id:hukusyunyu:20160628063958p:plain

でも何とかします!!!

 

という訳でビショップデッキ実践編です。

 

実は筆者がいままで経験してきたデッキの中で無課金で一番辛いんじゃないかなぁと思ったのがエルフなんですが、その次にビショップがやってくるんですよね。

 

なぜビショップなのか?というのをいままでネットで色々確認してたのですが

 

「とにかくキツイ、速攻を防げない」

 

とか、

 

「何がひどいってゴールドレア以上のカードのパワー差がやばい」

 

との事。確かにビショップでは、そういうイメージが強いので今回は無課金格安ビショップの回し方とコツに加えて何が無課金できついのかと語っていこうと思います。

 

・現在無課金でも組める部分がどこまでなのか調べています。何か組めそうなデッキがあればコメントいただけると幸いです。一度回してみようと思います。

【シャドウバース】最強デッキは一体どれ?無課金でも組めそうなデッキはあるのか考察する。【シャドウバース攻略日記3】

 ■ 安くで作るとこうなります。

ちなみに寄せ集めでリセマラしつつdランクあたりまで遊んでいたデッキです。dまで行くとレジェンドが多い中で戦うのはかなり大変でした。恐らくc程度が限界のデッキですし、まだ普通に修正する部分が多すぎると思います(汗)

 

おそらくビショップ使いから見たらえ!?ってレベルの安さです。2150で作れます(笑)

shadowverse-portal.com

特に壁入ってないです。かなりきついです。

 

さて、このデッキを回す上でまず1勝ちもできない!という人もいると思うのですが、このデッキの特徴は遅さがデメリット。

故に速攻が流行っているビギナーランクのウィニーロイヤル(速攻重視のロイヤルフェイス)デッキや、アグロネクロ。そしてドラゴンの速攻高マナデッキなど殆どのデッキに弱いというのが分かりました。

 

■ 10マナの制限を超えて戦えるデッキ?

 

しかし、中々に回れば強いのもビショップの特徴。故に勝ち目は序盤のライフを如何に持たせてカウントダウンを取れるかで勝てるかが変わるデッキなのです。

元々カウントダウンで出てくるカードコストは遅さを残せば破格で、1マナの詠唱:天馬召喚は1マナの癖に5・3という中々やばい性能を持っています。

f:id:hukusyunyu:20160628062519p:plain

効果

カウントダウン 4

ラストワード ペガサス1体を出す。

 

 

しかし、カウントは4なので、実質出して5マナで5・3では弱いのですが、このデッキでは、序盤のアドバンテージを取るのとついでに盤面を握る上で大切なカウントダウと言う性能があります。

 

このカウントダウンは一見遅そうに見えるのですが言い換えれば10マナという制限を越えて1ターンのうちに出すことが出来るという言い方も出来ます。

よく対戦してる時にいきなり大型が3体もでた!?って経験は無いでしょうか(笑)

 

と言うような一見ありえない盤面を1ターンで作り上げてしまえるのもビショップデッキの特徴なんですよね。そこ、黙示録に弱いとか言わない。

f:id:hukusyunyu:20160627051853p:plain

 

■ 何が無課金で辛いのか?

 

じゃあ何がビショップで辛いのか・・・というとビショップは高マナ帯のパワーカードがゴールドが多いという点です。この点はどうしようも無く逆に言えば当たっていれば格安で作れるよ!っていう事なんですよね。

 

例えば、テミスの審判ですが、このカードはウィッチの切り札であるルーンブレードサモナー系に刺さる全体破壊のカードです。実際打点で破壊するというカードでは無いのでかなり優秀な気がします。

f:id:hukusyunyu:20160626064342p:plain

 

意外とこういう全体破壊は入れてる人が多いのですが、ビショップではご存知の通り相手の高速展開に弱く相手の展開に合わせて攻撃するという手段が取れなかったりします。

 

 

また、確かアミュレットはフォロワー扱いではなかったはず・・・?なので、この破壊もすり抜けます。(テミス持ってないので未検証。知ってるかた教えてくれたらありがたいです・・・!)

 

故に5ターン目までにカウントダウンを3あたりにしておいて、6ターン目でテミスの審判を打てば7ターン目では大型の展開をしつつ相手のフォロワーを倒していけるという動きまで作れてしまうんですよ。

 

f:id:hukusyunyu:20160628063732p:plain

 効果

お互いのフォロワーすべてを破壊する。

 

また、他に高いものと言えばムーンアルミラージでしょう。このカードは、疾風というビショップでは手が出るほど欲しい効果に加えて体力をターン終了時に回復します。

 

回復というのはかなり使い勝手が良くて、相手はこのカードを除去しなければ永遠と除去されてしまいます。対象を取れないフォルテよりかは劣りますが、実質フォロワー除去として動いても大丈夫なので劣化では無く普通に良いカードでしょう。

 

f:id:hukusyunyu:20160628063958p:plain

進化前 3・5

疾走

自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。

進化後 5・7

疾走

自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。

 

後は出したら守護に動ける神域の守護者とかバーン打てるカードがあるんですが、回し方で説明します。

■ 序盤の動き方

まずビショップデッキで一番難しいとされる所はこのラインです。

特に相手に合わせてマリガン(手札入れ替えのことです。)をしていかなければならないのですが、相手を見てってそんなの相手にしないと分からないじゃないですか(笑)

なので、出来る限り消去法で見極める必要があります。

 

特に速攻が多いのはアグロネクロのルナ。

f:id:hukusyunyu:20160626185014p:plain

この相手はフォロワー自体が破壊されても直接火力が飛んでくるので計算しつつ盤面を見極めないと詰みます(汗)出来るかぎりキーカードを除去させつつ攻め込ませれば大丈夫です。

 

またもうひとつ危険なデッキがあるとすれば、フェイスロイヤルでおなじみのエリカデッキですね。コッチはかなり怖いです。特に増えて攻撃してくるデッキなので、序盤では盤面を削りつつ守っていくのがセオリー

f:id:hukusyunyu:20160625004453p:plain

 

 

という場面なのですが、相手が分かれば何を配置するかは1ターン目から2ターン目で分かると思います。エリカデッキでは顕著で、最初に速攻が飛んでくればこちらは壁を配置して置きましょう。

特にコントロールでもない限り3点は中々に高い壁。アドバンテージ的には相手は必ず除去を1回打ってくる筈です。

f:id:hukusyunyu:20160628070015p:plain

進化前 1・3

守護

進化後 3・5

守護

 

 

このとりあえず全力で守護を飛ばす戦いかたは盤面を握るビショップでは珍しいアドを取れる行為。ライフが減っても気にせずに攻めて行けば大丈夫です。

 

また、相手が遅い場合は1ターン目でアミュレットを配置しカウントダウンに備えます。ベガサスとかドロー要因である詠唱聖なる戦いなどを配置し今後に備えましょう。

f:id:hukusyunyu:20160628062519p:plainf:id:hukusyunyu:20160628070244p:plain

 

 

ここで動きを見誤ると、本気で速攻では対応できずジリ貧になることは間違いありません。詠唱:天喰らう聖竜を配置し、1ダメージを与えてくのも中々に良い手段なので選択肢的にはアリですね。

f:id:hukusyunyu:20160628070448p:plain

効果

カウントダウン 5

ラストワード 大翼の白竜1体を出し、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。

 意外と全体攻撃がすくないビショップでは小型の展開に弱いです。

 

 

 

■ 中盤の動き方

中盤では、ミッドレンジより少し早めに動けるのがポイントらしいビショップ。故にこのあたりからカウントダウンが外れていき攻めるチャンスが到来するはずです。

このあたりから盤面を見つつ相手がどれくらい除去を打ったのかとか、pp5の大型除去がくる可能性を見極めてカウントダウンを少しずつ外していきます!

 

と言いつつもはずせるカードが無くてもこの頃には外れているとは思うのですが、カウントを1ずらして全体除去に備えたりとか、全部のカウントを同時に外すとか様々な方法があるので是非感覚的に遊んでみるのがいいかと思いますが各種リーダーには進化で2アドを取るフォロワーが多いことに注意。

 

ロイヤルデッキでは、攻撃が5以上のカードを破壊する剣豪がいますし、安価な上にペガサスは進化無しでも範囲内。

f:id:hukusyunyu:20160625005144p:plain

また、ヴァンパイアやウィッチには黙示録やファイヤーチェインなどなど様々な除去が待ってますのでこちらはカウントダウンが開放されてもあまり有利と思わないほうがいいかもしれません(汗)

 

また、中盤からカウントダウンでアドバンテージを取るカードが続々と登場します。死の宣告で一気に相手の重要なカードをランダムで破壊したり出来る器用なカードがここらへんで増えてきます。

f:id:hukusyunyu:20160628071835p:plain

カウントダウン 1

ラストワード ランダムな相手のフォロワー2体を破壊する。

 

■ 終盤の動き方

さて、問題の終盤なのですがここら辺からビショップ特有の引いたら負け展開が来る確立がぐっと上がります(笑)

 

要するにカウントダウンは、時間制なのでトップで出てきても出せないという問題があるんです。この点を補うのがムーンアルミラージとかスカルフェインなのですが見て分かるとおり

 

両方レジェンドレアなんです。

 

f:id:hukusyunyu:20160628063958p:plainf:id:hukusyunyu:20160628072127p:plain

 

つまり無課金で引いてないと詰むのはこのあたりで上手い人はカウントダウンを決めて攻めて勝つことが出来るんですが、慣れてないと

 

「トップ良いの来てくれよ・・・!あ、でも強いのカウントダウンだった。」

 

なーんていう悲しさがあったりします。この点はどのリーダーよりも抱えているデメリットです。勿論補えるカードも多いですがゴールドレア以上ばかりなのでお気をつけて(笑)

 

ビショップは元々パワーに関しては優秀ですし、時間がかかるとはいえ6・6などが簡単に出てくるのはかなり強い。なので、回し方を見極めつつ相手のカードを警戒して戦うのがポイントかもしれませんね。

恐らくですが、最終的にプリーストや様々なカードが抜けていきます。実際ビショップデッキはスカルフェインなどの一斉破壊などが主流になるのか・・・うーんそう考えると中々に難しいです。ゴールド無しで戦うのは無謀なのか何かしらコツがあるのかも。

 

関連記事

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。