FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【ポケモンGO】カビゴンの評価と強さは如何に?ゲームでは時代が過ぎる度に弱体化されるポケモンだからこそ今注目しておきたかった・・・。【ポケモンGO攻略日記17】

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



 

カビゴンといえば、初代ポケモンではお世話になったポケモンの一体。

 

タマムシで、道をふさぎ最初に捕まえるのが手ごわいポケモンなので、スーパーボールをひたすら投げたあの日…。使えれば”すてみタックル”を始め、高打点で攻めれたのに、今ではノーマルのメガガルーラのせいで、今ではあまり活躍されていないポケモンでもありました。
 
 
しかし、ポケモンGOではそんなものは無いので最大限活躍することの出来るポケモンとも言えそうです。 
 
 
カビゴンポケモンgoではかなり優遇されていて、hpと攻撃力が非常に重要視されcpが決定されるのでカビゴンはその恩恵をかなり強く受けています。
 
 
CPの最大値で計算すれば伝説並みに強いので良い相棒にはなってくれるでしょう。
 
 
ただし技はかなりシビア。
 
 
マイナーな技も含めて非常に強い技を手に入れるためにはやはり厳選も含めて大変かもしれません。 そんなカビゴンのオススメ技とともに探ってみることにしました。
 


ポケットモンスターXY カビゴン つむつむ

  ■ カビゴンのおすすめ技と、強さについて。

 

カビゴンは実際のところcpに関しては非常に高いのですが、技に関してはうまく機能していない部分が強いです。

 

したでなめるではゴーストタイプ故にあまり弱点を付けず、しねんのずつきではエスパーで毒タイプには強く出れるもののdpsではかなり低くなってしまいます。

 

一応cpが多いので有利に動くことは出来ますし、弱くは無いので優秀なのですが、弱点を突きにくいという面はかなりマイナスな部分が大きいでしょう。

 

ですが、最近ではナッシーなどのくさ・エスパー。伝説のミュウツーがもし出てきた場合ではゴーストタイプの舌でなめるはかなり強いわざに変わってくれるはずです。今はエスパーで警戒すべきポケモンヤドラン・ナッシー等に強く出れるので相手にする場合では注意しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

おすすめという部分では個人的に舌でなめるを押しておきたいと思います。ただし、通常技のdpsはほとんど平均的になっている部分が強いので肝心なケージ技を見てる方がいいという場合が強いです。

しねんの頭突きでは、エスパータイプゆえに毒タイプに強く出れますが、今はまだ毒タイプは普及していなかったり、CP上位にはナッシーなどのエスパー複合がいますからね・・・。

 

また、カビゴンは無進化ポケモンなのですぐにケージ技を見れるのも便利な点。

 

これはカイリューギャラドスには無い利点。即座に残念を味わえるのもカビゴンの特権でしょうからある意味ラプラスと一緒で固体値を粘りやすいともいえます。

 

■ ケージ技調べてみる。

 

ケージ技ではのしかかり・じしん・はかいこうせんと中々に威力が高そうな技が多いですが、DPS的な基準でいえばのしかかりが強いです。
 
一応他の技でも強いのは強いので地震の場合では電気メタなどに。はかいこうせん等では火力重視の高DPSとして活躍できるのも追い風になってますが、カイリューなどには強く前に出ることが出来ません。
 
現在のメジャーを大きく突き放せるのは等倍ののしかかりがベストという感じですが、今後電気タイプが増えてきたらキラーとして残しておくのもベストかなぁと。
また高DPSもあいまって、ケージ技のバランスもすごく良いので中堅あたりまでは確実にタイマンを張りやすいとも言える性能です。
 

■ カビゴンの弱点とは。

さらに言えば弱点を突くのも非常に難しいので、カビゴン=硬いという印象もあるのかもしれませんね。

 

現在格闘と言えどもカイリューオコリザルとかしかいませんから中々一方的に攻めれるポケモンも少ないのです。ですがこちらは弱点をつけるポケモンの幅があるのでゲームのポケモンよりも汎用性が高く非常に優秀に見えるわけですね。

 

一応ノーマル技が主流なので、ゴローニャサイドンなどによるピンポイントな耐性には非常に有効な手段ではあるのですが、ケージ技の地震などもあり油断は出来ません。

単純なDPS勝負であればかなり互角の戦いが出来るポケモンは多く、カイリューをはじめ、CP内ではウインディラプラスなどと言ったエース級のポケモンを入手するほうが早いでしょう。

 

しかし、カビゴンにも弱点があります。

 

それは入手難易度です。

 

カビゴンの巣というのものも結構少ないですし、なにより卵からの孵化や偶然による入手しか方法が無いというのもシビアな点ですね。特にトレーナーレベルが低いうちにあったとしても今度はアメが無くて強化できないという面もしばしば。
しかし入手できる確立があがればあがるほど強い味方になってくれることに変わりはありません。出来る限り捕まえやすい場所があればそこに向かうのもアリです。最近巣が移り変わることが多いらしいので、見つけたら捕まえておいたほうが良さそうですね。
 
 
 
 
関連記事
 
 
 
 
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。