FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【DQH2日記10】ラスボス攻略と予言の終わり。個人的おすすめパーティと攻略法を考えます。

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



■ 第二形態をどう乗り切った?かなり楽しめた作品でしたが・・・!?

f:id:hukusyunyu:20160601235343p:plain

 

というわけで一気に書き込む最終戦。いやー長かった。

 

実は今回非常に難しかったなぁと思ったのはラスボスの第2形態ではなく第一形態を何度もやり直して検証したことが非常に面倒くさかったことです(笑)

 

それゆえになんかレベル差が大変なことになってました。序盤はテリーなどの攻撃的なパーティで挑んだんですが筆者があまりにも下手だったので敗退・・・と繰り返していくうちにもう第一形態いらなくね?状態に陥り一回休みレベルアップを繰り返してという感じでした。

 

じゃあどうすればクリアできるのかを考えていくうちになんとなくコツが見えてきました。

 

このラスボス。実はギミックを覚えればかなり簡単に攻略は出来るんですけど一回のミスが非常に命とりなんですよね・・・。そんな気を抜けないパーティですが、ちょっと攻略方法を書いていきます。あくまでも偏見ありの私なので鵜呑みにしないように!!

f:id:hukusyunyu:20160601235038p:plain

目次

■ ザナームは特に避けることだけ考えて攻撃!

実は第二形態では聖杯を使い一気に回復する場面を除き火力を試される場面はそこまでありません。なのでジワジワ削る戦法でもある程度クリア出来るんですがここで注意したいのがその聖杯での火力勝負です。

 

この部分でとりあえず聖杯での回復で長期戦に持ち込まれるとはっきり言ってやってられない状況に陥ってしまうので出来ればザラームの第一形態までにテンションを全部マックスにする必要まであるくらいです。

 

故にククールの採用(タンバリンでテンションアップ)やスキルでテンションアップを使用し確実にテンションをマックスにしていく必要があるんですよね。その聖杯までにもし間に合わない場合はmpをガンガン使って聖杯を攻撃するんですがダメージを喰らい過ぎると今度はmpが無くなってしまうという悪循環がおきるので攻撃は出来るかぎり喰らわずに回避し続ければなんとかなるって訳です。

 

いわゆるdpsチャックは一回しかないので実は案外楽勝と思い勝ちですがその為には2つの攻撃を完全に回避できる位上手くならないといけません。

 

■ その1 呪い攻撃の対処。

まず1つ目は呪い攻撃の黒い玉技です。これはゼビオン王と同じで当たると大ダメージ+一定時間回復不能という嫌な技の1つ。ですがこっちはゼビオン王の場合とは話が違い

 

その後に突進等の追い込みが加わります。

 

 

突進はまず回避しなければ呪い攻撃と合わせて400近いダメージなのでまずレベル40あたりでは耐えるのは不可能。特にジャンプでも合わされば一気に300あたりhpを削られるのでこれも即死でした。

 

しかもCPUは結構この戦いだけ弱く案外呪い攻撃を3体同時で喰らったりします。なので、回復役を複数入れないと完全に回復することが出来ず、その後闇の檻にて閉じ込められるという悲劇のおいかけっこが始まるのです(白目)

 

とならないようにせめてプレイヤーは一時的に避けたいところ。また第二形態も第一形態もこっちを向きやすいタイプなので即座にこちらに目を向けてパーティをかばうことに専念してるほうが絶対に良いです。筆者の場合だと二回それでパーティキャラがやられてしまい大変なことになりました。

 

この呪い攻撃はとにかく直前に避けることなので、コツさえ掴めれば避けることが出来ます。

 

■ その2 ジコフラッシュの対処。

 

 

完全にラスボスのレベルを跳ね上げている要因です。

ものすごくシビアな判定に加え完全に避けるのには攻撃しているときでは完全に不可能というほどのもので、回避行動×2でぎりぎり避けれるくらいの広範囲の爆発+マヌーサの効果を与えてくる攻撃はかなり厄介。

 

まぁ、マヌーサは別にいいんですがこの攻撃は確実に喰らうとhpを半分もってかれていくのが怖い。このラスボスでhpが半分しかないのはかなりマズイ事で、こいつの問題は8割この攻撃の対処にあるといっても過言ではありません。あと二割は突進ですよ。まじで。

 

この攻撃はまず避けれないと判断したら防御。避けれると思うなら光が白く光った瞬間にみかわしをして避ける事になります。この時に使用キャラがスキル用でみかわしアップキャラかどうかで線引きが変わりそう。

 

特にこの攻撃はシビアなのでこの後に呪いが来たりしたら目も開けられない訳です。筆者が呪いとこの攻撃を防御するという形で乗り切りましたがそれでもレベルが40無いキャラでのベホマラーでは回復が追いつきません。素直にホイミストーンでも良いんですが10分もの戦闘で石も供給が追いつくわけでもないです。

 

 

なので、出来ればこの攻撃を回避できるかにかかってます。そのほかの攻撃はダメージは多いけど実際このジコフラッシュよりも判定が甘いので最終的にはこの2つは鬼門になるかと思います。

 

ジャンプの見極めはまだ対策は出来ますし、突進もとにかく避けて・・・hpを常にマックスにして攻撃するのが一番の攻略法でしたね・・・。

■ おすすめパーティとその理由

 

回復持ち×3+アタッカーパーティ

筆者が一番楽だなぁと感じたパーティです。ゼシカなどの回復でとにかく回復して勝機をうかがっていくパーティ。特にこのパーティでのネックは最終的に火力面での問題を抱えていて長期戦になりがちです。筆者の場合だとラスボスを攻略するのに20分は普通にかかったと思います。かなり遅いです(汗)

 

まず聖杯での回復の場面ですが、ゼシカやミネアなどを一気にテンションMAXにしてしまって必殺技を叩き込まなければなりません。なので回復をしつつパーティを自在に入れ替えてテンションをあげる為の時間稼ぎも行っていきました。

特にジリ貧にならないようにベホマラー等での回復調整はもちろん、mp管理はかなりシビアに行う必要がありますが全員が遠距離アタッカーな為ダークマッシャーなどの回避を考えなくていいという利点があります。

 

マリベルはブーメランのギリギリの範囲で戦えば第一形態のダークマッシャーを避けれますし、ククールも弓で攻撃すれば一気に近づく攻撃以外は動きで見極めることも出来てしまうのでおススメです。

 

 

 

オルネーゼ+アタッカーパーティ。

言わずもがなアタッカーパーティです。近距離攻撃で避けれる!という人はまずヘビィブーストからのハリケーンなどの攻撃で9999ダメージをたたき出すことも可能な最強キャラを使い攻略します。

 

この点はやっぱり優秀だと感じましたがボスは常にいてつく波動を打てるのでなんだかんだで打つタイミングは重要ですし避けるタイミングも考えないと駄目です。ただし爽快感はあり、聖杯のでるタイミングではかなり火力が出せるなぁと実感しました。タイムアタックでは良い組み合わせっぽいなぁと思います。

 

 

 

■ これでも攻略が難しいという人へ。

やっぱりこれでも難しいという人は以下の面を強化するといいかもしれません。

 

  1.  レベル40にしてスキルで回復量をアップさせる。
  2.  金のロザリオで一撃でやられないようにする。
  3.  世界中を消費しないようなスキルを覚えさせる

 

などがおススメです。ククールを選択してるのはまさにそれで、世界中を消費しない確立を狙いながらのプレイが非常に良く、中々にしぶとくプレイすることが出来ました。

出来る限りやられないようにプレイすれば攻略も可能です。ぜひ予言をこの手で終わらせてください!

それではノシ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。