FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【感想】任天堂「Nintendo Switch」の成功と失敗がゲーム業界の未来を決める。差別化は触覚に特化した世界?

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク




【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

そういえば最近知った事で大きかった話題が、Nintendoからの新製品任天堂スイッチ。これについてちょっと感想を書いてみたくなったので気ままに書いていきます。

 

いや、名前的にネクスの方がカッコいいよーとか言うわけでも無くて純粋にこのハードが凄いと思ったんですよね。

特にこれからの時代はハードを持ち歩き、様々なところで活用する時代が来てるんだと思います。それはもうパソコンとしての役割の様に既に限定された枠を越えたのかもしれません。HDMIを使えばモニターに移るように、利便性に特価した部分も合わせてかなり攻めているように思えます。

 

 

という意味で、今後の任天堂スイッチはスマホ等の商品においての視標を作ってくれるんじゃないかと期待しているのが現状。筆者が思ったのは販売戦略と、スマホの未来を握る付加価値の商品戦略の今後について。

PSVRに今後商品が出れば引けを取らない人気が出る場合もあるかもしれません。

 

■ スマホには合わなくて、任天堂スイッチで出来ること。

任天堂スイッチは言わば今後画面の回りのアクセサリーを独自に開発して売ることになるのでしょう。今まではプレイステーションとは独自の方向性で勝負してきたのですが大きくここで突き放す【付加価値】を付けてきたんですよね。

勿論ソニー側もそれを知ってか、VRという新しいサービスを提供してきました。

 

昨今では【プロジェクションマッピング】等様々な視覚に訴えるサービスがある中での商品だったので衝撃がやばい。特に中古価格ですら値段は跳ね上がってるわけで。

 

中古PS4ハードPlayStation VR (PS VR) [Camera同梱版]

プレイステーションVRはきっと万人向けなゲームが登場し世間を支配していくでしょう。 

しかしながら、最大の弱点として子どもには長期間出来るものではなくトイザらスでの【マリンVRアドベンチャー】ですら5分での体験で休憩を挟むシステムになっています。ある意味ではレースゲーム1回したら小休憩ねーというレベルですが、あまり親になった時にVRを子供に与えたくはありません。

そりゃあゲームとしては優秀だけど、悪影響が無いって訳でも無いし、12歳までは実質出来ないものとして覚えておきたいところ。そういう意味ではどこぞのCEROより仕事はしているんじゃないの?とは思いますけどね。皮肉ですが。

 

■ 付属商品の斬新さが今後の未来を決める。

ただ、この微妙なVRの負担の合間を縫って任天堂スイッチはアクセサリーという直に触れて体験できる商品開発を進めているように見えました。

 

実際触れるというのは子供にとっても大人に取っても新鮮な体験。

それにアクセサリーというかコントローラーの部類では今まで様々なアプローチを経験しているわけです。例えばWIIザッパーのようなコントローラーみたいなやつ。

付属品として商品を追加で買わされるそれっぽい延長線上に任天堂スイッチはいます。今後もこういった商品で攻めるのはごく普通の事でしょう。

中古WiiハードWiiザッパー

一見こう見ると、アミーボの様に水増しの付加価値を付けた物が残るDLC(ダウンロードコンテンツ)の様な手段に見えますが、最大の弱点であったプレイ時に遊ぶ理由が出来たのは大きい点。

 

一方でフィギュアとして飾るという事は出来ないものの遊ぶ手段を大きく変えることが出来れば大きな武器になるでしょう。まぁ、失敗すればアミーボが赤字の引き金になるように考えた戦略があるんでしょうねきっと。

 

実はこのやり方は、昨今の普及率を踏まえると市場として拡大を続けるスマートフォン業界の大きな差別化にも繋がりました。

 

スマートフォンでは現在コントローラーを装着し遊べるシステムが横行していますが外部の遊び方まで普及させるためのコストが割りに合わないからです。ワイヤレスコントローラーの存在はあったにしても普及はそこまで行っていませんし、今まで数々のコントローラー付き携帯が出たときもそれが基盤になる事はありませんでした。

 

勿論そのアクセサリーを出した企業もあります。ただ、その中で大きなニュースとして取り上げられたのは・・・任天堂の「ポケモンGO」!!

 

特に任天堂スイッチではその前座としてポケモンGOでポケモンGOplusという商品開発をしていますし、結果としてゲームの遊び方を広める可能性を見いだすことが出来ましたのでしょう。

勿論こんな事他の企業には手が出せません。企業として余裕がある王者の威厳と英断がこのような遊び方を提供できるのです。ぐぬぬ

こういった【遊ぶアクセサリーを増やして触感を楽しむ】という任天堂

【五感を刺激し、視覚で訴える】ソニー

との戦いはより良くライバルとして差別化に挑戦しているように見えますね。私はある意味でゲーム業界をどう支えるのか楽しみです。

ただ普及率は追いついていない模様。

 

■ 今や携帯ゲーだけではスマホに負ける時代。準ゲームユーザーを視野にした?

 

任天堂スイッチの利点には、その最先端としての競争に参入できるのかという問題がありました。

 

勿論これに関してはVRも含めてスマホゲー業界の急激な進歩もあり【ただ単にゲームをするだけなら気にならない】程度に遊べるゲームが増えてきたのは事実です。

あげくの果てにはVRを搭載した「オルタナティブガールズ」などなど・・・実はスマホゲーに関しては本気でコンシューマー業界をぶっ飛ばすつもりで攻めているので、一々ハードを買う業界はいつも向かい風になってるような感じがしました。

f:id:hukusyunyu:20161014045201p:plain

オルタナティブガールズ」ではVRでの遊びも可能なスマホゲー。特にCMでは珍しいキャッチコピーで筆者の中で話題になった作品でもある。

 

また、オンラインゲームとしても無料で遊べる程度でいいやーって言うライトユーザーが任天堂からスマホに移った様な気がしますし、そんな層を取り入れるには携帯性を含めて大きな画面としても遊べるハードを選択したのでしょう。

 

特に選択肢としてWIIUからその兆しはありました。が、大きく前に出て車の中で等外に出ても…というアクティブに対応した身近なハードとして定着させたいのかもしれません。性能面ではソニーに勝て無いからスマホ業界とタイマンを張ったという訳ではなく、両方を相手にして「それでも正攻法で勝ちたいんだ!俺は斬新なハードで勝負する」っていうスタンスはWIIから代わって無いので個人的にはコレで良いんじゃないかと思ってます。時期に株価も元に戻るでしょう。きっと。

 

■ 時代が過ぎればアクセサリーに依存したハードは辛くなる。

 

しかしながら、もちろんこの「Nintendo Switch」の成功と失敗の決め手はユーザーにとっての付加価値が本当の意味で価値のあるものかという点だと踏んでいます。

amiiboを使って楽しむ新作ソフトが少なかったためという理由で赤字になったというのはナンセンスですが、大型タイトルの多さは任天堂が圧倒的。その中で如何にハード部分の付加価値と共に商品を売り出せるかが鍵。きっと携帯ゲームとしても楽しめる「ポケットモンスター」「妖怪ウォッチ」にその外部ツールとしてのスポットライトが当たったように思えます。

 

ただ個人的に思うのが、プレイステーションVRとは違い商品ごとに取り上げるアクセサリーの販売はかなり消費者の負担を上げる事になるという問題点です。

 

勿論付属品ですから、別途売り出して売れなければ赤字。また為替差損もあるけど面白いゲームが出なかったらまた面白いゲームガーとかで煽られることになのでしょう。特にアミーボなどの商品はDLCとしての側面が強いものの、

 

しかも2画面を廃止した英断の中でハードの突出した個性も捨てきって、ゲーム会社はゲームの開発に加えてハードの製作までを視野にしなければならないって事? 

はい、多分その通りです。

 

一般人からの期待は大きいですが、実は単純なハンドル辺りまでは既にネタとして出ているので斬新さでいう必殺技になり得ません。こんな感じの付属品であればタブレットにリモコン付けただけと言われてしまいますね。

 

中古ニンテンドー3DSハードマリオカート7 ハンドル for 3DS

 

個人的な物で言えば、「デジモンユニバース アプリモンスターズ」とかの商品で出ていたコッチを期待しています。ほらなんか横に付きそう!

で、きっとモンスターがいたら光って合図とか送ってくれる・・・そんな追加スイッチが公表されていない遊び方なんですよね?ね?そしてスイッチ以外でも「たまごっち」のように遊べる・・・素敵じゃ無いですか!!!

 

新品おもちゃアプリドライヴ 「デジモンユニバース アプリモンスターズ」

 

・・・ただ、こういった商品は今の時代ならなおさら一過性に過ぎないもの。

 

小売店はもちろん一発ミスれば大参事になるはずです。きっとこういうのは追加で1500円かかるとして希望小売価格が5000円程度の場合,vita並みのソフト価格まで引き上がっちゃうんですよ。

それにこのスイッチ。

どう見てもちっちゃいし無くしそうです。スマホですらなくす筆者にとってコレは致命的な問題でした。

 

 

VRはVRのハードをソニーが出してますが妖怪ウォッチ妖怪ウォッチの専用コントローラーを独自に開発したとして、今後はゲーム以外での出費が製作側と消費者側双方とも増える事を考えると家庭的な負担は勿論遊ぶ事の制限はアミーボ以上になるはずです。

でも買わないと楽しめないかも?と売り込んで、人気商品の餌を吊り下げる。コレが今後任天堂の戦略だとしたら若干の疑問を感じてしまいますね。

 

 

どこまで依存するのか・・・というよりもどこまでユーザーの負担になり得るのか。ココが焦点な感じがしました。きっとyoutuberや、ニコニコ実況者はここぞとばかりに宣伝を兼ねて動画を上げていくようになっていくと思いますがその影で少しずつゲーム以外の商品を課金の様に買わざるを得なくなった事を認めなければなりません。

 

f:id:hukusyunyu:20161030054047p:plain

スイッチの付属部分が無くなっても、ゲームパッド型もあるみたいなので若干安心しています。でも無くなったら嫌だなぁ・・・。

 

ただ、このハードとしてのやり方は昨今のゲームハードとして飽きていた【同じコントローラーでの操作のマンネリ】を打破した正当な商品でしょう。

勿論この任天堂スイッチが成功すれば、スマホゲー業界にも同じような商品が増えていくかもしれません。ただ先陣を切る任天堂の先述がダメだった場合、安定を求めて業界は動き出すかもしれません。やっぱりVRだけで良いよねー。と。

 

昨今の市場拡大の商品戦略は付加価値と意外性の提供。

 

任天堂スイッチはそのどちらも踏んではいますが、賭けに近い勢いを感じつつ果たして凶と出るのか吉と出るのか・・・。今後の販売戦略が楽しみな私なのでした。

中のゲームに関しては何時かどこかで!

中古パズルGIRLS 「スプラトゥーン」 ジグソーパズル 300ピース [300-1121]

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。