読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まい。のポケモンサンムーン日記帳。

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【FF14】暴言対策って多分無理なんじゃないかな。上位陣が使ってると。

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



最近思うことがなんとなく現実味を帯びてきた気がする。昨今の暴言についての言及が吉田pさん(いわゆるff14のプロデューサーさん)から行われてました。その中での言葉で

 

「暴言行為は明確にハラスメント行為となります。」

 

となる言葉が。

実際分かってたのかと思いましたが、こんな感じの言葉が出ていたにも関わらずですよ。たまにシールロックからでもフィーストからでも暴言が飛んでたわけです。数は減りましたが、そういった事を書く人もいればネタにする人。あえて煽る人。そして、掲示板で愚痴るなどはっきり言えばff14の民度を本当にあらわしているものじゃないだろうか。

 

実際これフィーストだけじゃなくて色んな場面で聞いてきたんですよ。

 

というかはっきり言えばそういう言葉を聞いた場面は非常に多いです。実際様々な人と出会ってますが・・・シールロックも系600回遊びましたけど確かにいるのは事実です。本当に困った話題ですね。実際暴言ってどこまでが範囲なんですかね。

■ どこまで暴言なのかはっきりしないから問題。

MMOは生き物だし、PVPは更にいうと化物だったりする。特にそれが上位報酬がありリアル対戦なら尚更。それが受け取り側の問題なだけあって最終的には人の気持ちにすらなれないゲームプレイヤーが増えたって事だよね。ネット弁慶という言葉があるけど、案外それを守りきれないのも確かなこと。

 

実際プロデューサーさん側がそういう話題を出してきているという時点で、大体察しがつくレベルなのだと思います。

じゃあどこまでが暴言なのか・・・というのも大抵明記されていません。また外部での暴言はハラスメントになるのかという面に関しては一切無し。この時点でじゃあFF14以外の場所で暴言は吐けは良いじゃない!と言ってるのとなんら変わりはありません。どこまでが暴言なのかというよりもネットの中でのマナー自体が出来ているのかと言う本質自体を問いたださないと治るものも治らないですよ。

 

じゃあPVPで何でも言える場所へいこう・・・ってなるだけで他の所へ迷惑しにいくだけじゃないですか。じゃあTWITTERで。じゃあブログでってこういう事態を招くだけです。

 

例えば暴言を吐きたいならその前にどれだけ助言をしたかも大切です。フィーストだったら知りませんが、HPを盛ってるかとかリスの沸く時間コツとかアドバイスとかそういった面を全て踏まえたうえでの発言と言うのはあまり聞いたことがありません。タメ口になるのも分かりますが・・・。じゃあ敬語で来ないでください。はokなのか!?という質問がどうせ来るんですから。

 

それに上位陣がこういうのはちゃんというべき問題だと思いますから個人的にはもし上位陣が暴言吐いているとなるとこのゲームの質はそんな風になって当然。久しぶりに復帰しましたけどそこまでひどくなってるとは思いませんでした。実際あまり見ませんけどね。

 

■ ここまで踏まえて色んな意見を見てみる。

吉田Pから長文コメントを引用させていただきました。主に暴言行為についての話です。

■試合中もしくは試合後などの暴言行為について■
ご報告が多く寄せられている問題として、試合中や試合後に暴言行為が行われるケースがあり、
これらをもっと強く取り締まって欲しい、というものがあります。

まず、そもそもですが、対人戦コンテンツにて「アツく」なってしまう気持ちは、
吉田も同じゲーマーとして、わからなくはありません。しかし、暴言行為とそれは別問題です。
暴言を吐いたところでパーティメンバーのスキルが上がるわけでもありませんし、
ご自身の勝率が上がるわけではありません。

後述しますがランクマッチの際に、自分より下位のランクプレイヤーとマッチングされた場合、
PvPに対するモチベーションや基礎知識の違いから、イライラしてしまう場面があり、
それが暴言行為に繋がる可能性があることも理解しています。
この点は別途対応を検討していますので、どうぞご了承ください。

暴言行為は明確にハラスメント行為となります。
チャットに書きこんだ文字に対して決定やEnterキーを押す前に、
その発言が他のプレイヤーの気分を害するものでないかどうか、深呼吸をしてお確かめいただけると、
思いのほか効果的だと思いますので、お試しください!

むろん現状でも特定プレイヤーの暴言行為に対しての通報内容をすべて確認し、
調査の結果、問題のある発言が確認できた場合には、然るべき対処を行っています。

ただ、言葉を受ける側もやや神経質になっている面も見られ、チャットの文字ベースであることから、
感情が読み取り難く、たわいもない言葉での通報も多くなってきているように感じます。
これらはガイドラインに抵触するような暴言なのか否かを、GMが当該発言のログをチェックし、
しっかりと見極めてから対応していますので、その点はご安心ください。

無論、悪質なものや、度重なる報告が寄せられる対象者に対しては、アカウントの一時停止、
またはアカウントの永久利用停止などのペナルティが課せられることになります。
くれぐれもご注意の上で、対戦をお楽しみくださるよう、お願い申し上げます。

 

という感じでした。運営側では、暴言チェックなどを確認している上での発言のようでガイドラインでの抵触を確認しているようです。吉田さん曰く同じゲーマーなので分かる事らしいのでその解決法は深呼吸と言うことです。

 

ちょっと分かる(笑)

 

実際暴言での問題はちょっと話題になってたみたいですがその解決方法も問題になってました。

 

しかし、実際にプレイしてみると試合中もしくは試合後などの暴言行為についてというより全般的な暴言行為についての言及をするべきだと思ってます。まぁ、実際そういうのは難しいんだろうなぁ。

 

 

ポリシー内というのも実質分かりづらいし、熱くなる理由も分かりますが結局1人では対応しきれないほどのジョブ感覚のゲームでPVPをやるとこうなるという典型的な例かもしれません。

 

 

ただこういう暴言行為については本当に上位陣が多いのか全体的に多いのか。

 

これをちゃんと集計するべきだと思います。上手い人がアドバイス!なら良いんですが神経質に受け取る人も多いのは事実。個人的には多いと思うけどね。シールロックとかでも結構言う人は多いし。

 

でもプレイヤーの質がどうかで結構変わってくると思いたいですよ。晒して咎めるって時点でかなり悪質ですし筆者も、出来る限り他の人が写っていないかとかのチェックはしていたりします。実際こういうのはシステム的にはつきものなので、ある意味暴言吐かれても無視で大丈夫です。

荒れてる鯖も多いらしいので気をつけましょう。特にうちの鯖とからしいですけどね!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。