読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まい。のポケモンサンムーン日記帳。

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【遊戯王デュエルリンクス】やっぱり面白い!感想も踏まえてスマホゲーで遊戯王は無課金で遊べるの?【デュエリン日記1】

遊戯王デュエルリンクス日記 感想 スマホゲー プレイ日記

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



f:id:hukusyunyu:20161117113445p:plain

という訳で今回は朝起きたら正式に配信されていた遊戯王デュエルリンクスの話題です。

 

昨今ではTCGゲームブームがスマホゲーで起きており、【シャドウバース】等の大手が手を入れるほどの


大カードゲーム時代

でもありますが、遊戯王というブランドを引っさげて今回は登場してきました。

 

カードゲームというバランスは非常に難しかったりもしていますが、このゲームでは初期の遊戯王のカードを主軸にしたデッキバランスが多く非常に楽しめる感じもしています。


 今の遊戯王TCGの様に専門用語が飛び交うのかなーと思いきや、以外と初心者にも優しい仕様になってまして。


懐かしいカードが登場しているので遊戯王を遊びたいけどどうしたら良いか分からない!

という人にはおすすめしたいアプリかもしれませんね(*´・ω・`)b


さてさて!面白いのかちょっと遊んでみる事にしました!

f:id:hukusyunyu:20161117114141p:plain

因みにローディンングの間に主人公やヒロインと絆が深いカードが表示される。アニメや漫画で知っている人にはお馴染みの姿も?

■ 昔活躍していたカードがスマホゲーでは大活躍!!

実は遊戯王スマホゲーではライフポイントが3000しかなく今の環境でははっきり言って少なすぎるライフから始まりますがそれに伴ってカード環境が初期の遊戯王にまでさかのぼっているのが特徴です。


カードと言えば【とりでをまもるよ】でおなじみのカードも(笑)


打点も1700打点のアックスレイダーと当時の子供たちが買えなかった《ブラッドヴォルス》の再来の様に思えますが、打点の低さがリセマラランキングの中に入っている事は昔のTCGを思い出す【グッドスタッフ】が活躍するゲームとも言えるでしょう。

 《アックス・レイダー/Axe Raider》 
通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1700/守1150
オノを持つ戦士。片手でオノを振り回す攻撃はかなり強い。

また、《ジャッジマン》等の上位モンスターに加えリリース要員を作り出す《自立行動ユニット》等も忘れてはいけません。


昨今ではみた事も無いようなカードが多いですが昔はこういったカードが活躍していた!


というのを思い出させる一枚となっています。

カードを蘇生して戦わせる様なシステムが多くて【ペンデュラム召喚】や、【シンクロ召喚】等が無いというのも中々に初心者が楽しめるのかもしれません。


敷居は低く、遊戯王プレイヤーとして入り込めるという意味では無課金では必須。

 

特にシャドウバースのようなリーダー式ではなくてカードの強さが勝負を決めるのでカードゲームとしては資産ゲーに近い可能性は十分に考えられます。




今回の大当たりは《青眼の究極竜》!



おぉ!懐かしい!!

と思いきやこのゲーム手札が3枚からスタートなので出せ無いのでは?


と思ったら、《幻想召喚師》の効果で場に出すというのを主軸としているらしいです。コッチはコッチで懐かしいなぁ(笑)

リバース・効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻 800/守 900
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
このカード以外の自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
エクストラデッキから融合モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

 

融合を使わずとも出せる手段をメインにしているので、コンボデッキもちらほら見かけるようになりました。


しかし、今の環境ではこういったカードを使う為に《光の護封剣》等のカードがないとちょっときついかもしれませんね。

 ■ ジェムを引いて出てくるカードパックは枚数限定ロット!いつかは絶対にURを引くぞ!!

因みにガチャシステムの方を見ているとガチャシステムも良心的で、ある程度決められたパックの中身からカードが出てくる仕組みになっています。

無課金では課金するときの指標になっているのもポイントで、欲しいカードが来たらガチャをリセットさせることも出来てしまいますので無駄に課金する必要も無いのがポイント。


200パックでリセットの様なので、3600×6で180パック引ければSR以上は引いているかなぁという印象でした。


これだと価格は21600円ですがこのゲームは恐らく同じカードが3枚入りそうなのでこの3倍は覚悟したほうが良いでしょうね(笑)

え!?と思うんですが、実際のTCGでも同じ位お金がかかるので現実で遊ぶかは遊戯王プレイヤーの判断に任せようと思います。

f:id:hukusyunyu:20161117114221p:plain

カード一覧の枠に出ているカードが表示されるので非常に分かりやすかった。

 

因みに今回のパックではなんと【霊使い】も登場します。

久しぶりにあのスリーブを使うときが来たか・・・! と色々考える事は多いですが、今後はデュエルリンクスものんびり追加していこうと思います!

それではノシ


遊戯王アーク・ファイブOCG 公式HP投票 デュエリストプロテクター

 

配信日 2016年11月17日
ジャンル トレーディングカードゲーム

制作会社会社 KONAMI
対応OS iPhone,Android
公式サイト 遊戯王 デュエルリンクス

 

※ 因みにURを引くときの確定演出っぽいのはこんな感じです。リセマラの参考にどうぞ!

f:id:hukusyunyu:20161117114118p:plain

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。