FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

妖怪ウォッチ3がいつの間にか色々話題になってたって話。&最新情報でFF14とコラボするって聞いて。

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



なんか最近妖怪ウォッチ3の話題が非常に多かったりしますがなんかゲームが夏に発売決定だそうで。

 

実際非常にびっくりしてるんですが、かなり遅く情報拾ったせいであまり驚きませんでした(笑)

むしろ友人から聞いたって話で私の情報収集能力は非常に弱いと言えます。コラボは非常に嬉しい話ですが世界観を重視していたFF14が最近コラボを思いっきりやってる印象が非常に怖く思います。今後もそういうことするんですかね・・・? 

 

予約ニンテンドー3DSソフト妖怪ウォッチ3 TEMPURA テンプラ

■ なんかFF14とコラボもするってよ。

f:id:hukusyunyu:20151228084859p:plain

「コラボ武器が結構かわいいの多くて何を育てようか悩んでます。」

という訳でなぜかかなり話題になってる妖怪ウォッチ事情。マクドナルドのカレンダーもポケモンを追い抜き採用され筆者の中ではかなり驚きの連続なんですがあのコラボに関して非常にやる気が無かった

奥手だったFF14とのコラボをするようで最近の進撃具合はすごい事になってましたね。

全然普通の暮らしをすると気づかないですが、実はゲーム業界ではトップクラスの売り上げを残していて商法的にはかなり悪いものの特筆するべき箇所は多く近年のヒットにはなるだろうと言う作りこみを感じる作品でした。

 

猫とネズミが出る作品は特に売れるという証明にもなりましたし、今度はネズミが主役になるゲームが出れば大ヒット間違いなしです(オイ)

 

 

■ 妖怪ウォッチって凡ゲーだったの?

そういえばなんですが、妖怪ウォッチってゲームカタログじゃ良ゲー扱いされてなかったんですよ。あれ?あれだけ人気なゲームなのにどうしてだろ?と思ったんですがそのバグの多さとかにありました。一部ではクソゲーと言われているようで。

 

実際プレイしてると分かるんですが、妖怪ウォッチのゲームって意外と穴があったりします。それは別にネット社会ゆえに起きていると言っても過言ではないですがバグは本当に致命的で誰でも広められるもの。さながらプレイヤー自体がデバッガーといわれる始末でそれが多くなればなるほど批判を受けてしまうのがその常です。

 

 

しかし、ポケモンの初代のようにバグがまったく愛されない時代に来ているのはなんとも悲しいですが、どうせなら妖怪がバグってけつばんレベルにまで消化すれば妖怪ウォッチの都市伝説になれたのになと思います。

特に妖怪ウォッチ2にはそれが顕著に現れてますね。

中古ニンテンドー3DSソフト妖怪ウォッチ2 本家(状態:ジバニャンメダル コマニャチ欠け)

 

ただ、その中でも切断などの問題を抱えていたりユーザー感でのモラルも必須なゲームと言えそうですがこの妖怪ウォッチもついに3が発売。

 

よくゲームでは3でこのゲームの将来が決まるという程重要なものですがこの路線を大きく妖怪ウォッチは海外に舞台を移すと言う手をとりました。これ次回作は宇宙とか言わないよね・・・?

● 戦闘面に関する謎とシステムについて。

何故自縛霊のジバニャンが出歩けるのかという謎はさておき、ウォッチで大体活躍するこのゲームですけどPVを見る段階では戦闘方法も大きくかわり運の要素を戦略的な部分にシフトした感じが伺えます。

 

タクティクスメダルボードという名前らしく戦況に応じて”ひっさつわざ”や

”アイテム”等多数の戦略が伺える一方で、戦闘面をほとんど見ずにプレイするというのは難しくなってる感じはしますよ。

実際2でもそうでしたがラスボス戦ではピンを飛ばして妨害すると言う若干アクション要素を交えつつの戦いだったのに対しこちらはメダルの戦い方で本当に戦略が決まるので陣形が対人戦でも大きく影響しそうです。

 

 

 

後ろに置けばダメージを減らせる一方で攻撃の手数が減る等実はかなり奥深いシステムなんじゃないかと思います。リアルタイムバトル故に戦況はいつでも変えられるので、1秒も気を抜けません(笑)

 

● 実際にプレイしてみるとその賛否両論が分かる。

で、実際にプレイしてみると妖怪ウォッチが如何に面白いのかという部分と面白くないという部分を痛感するゲームはありません。

というか最近こういう路線が増えてきたような気が。

 

 

ここで妖怪ウォッチ2の感想を少し書いていこうと思います。

対戦面では非常にシビアでラスボスあたりまではゆるいゲームという感覚は受けるんですが最終戦ではピンを使っての戦闘などはかなり楽しくプレイする事が出来ました。が一方で強制的に友達を仲間にしないと先に進めないというのは非常に苦痛で、その方法は戦った後のランダムでしか入手できません。

 

これが本当に面倒くさくて、とあるストーリーで昆布3人衆みたいなのを見かけるんですがこれを捕まえるのは本当に苦労しました。

というか違いが本当に分かりませんし、仲間にするが無ければ速攻でスルーするような妖怪も仲間にしないと駄目なのは私には合っていないようです。

と言いつつも妖怪ウォッチ3は買うつもりでいます。名前に便乗して有名ブロガーになりたいって訳でもないですよ(必死)

ただ買うならコマさんスキーなのでおとなしく寿司バージョン買います。あぁ寿司食べたい。

 

それではノシ

予約ニンテンドー3DSソフト妖怪ウォッチ3 SUSHI スシ

 

 

 

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。