FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【シャドウバース】無課金の星!速攻デッキのおすすめアグロロイヤルデッキ(フェイスロイヤル)とロイヤルデッキについて考える。【シャドウバース攻略日記6】

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



 

という訳で今回はロイヤルデッキの話。

 

f:id:hukusyunyu:20160625004453p:plain

 

 

このロイヤルデッキは言わば

 

メイドさんデッキ。

 

速攻に長けていてエンジェルバレッジなどの速攻対策がなければ実質詰むような怒涛の攻撃を繰り出す事が出来ます。

 

また、速攻からミッドレンジ(中盤までの大型投入デッキ)によっても中々に優秀なカードが多くきれいに繋げればまさに芸術。

個人的には好みなデッキでした。

 

別に・・・お帰りなさいませぇ!とか言われつつもアドバンテージを取る強さに惹かれただけなんだからね!ハイ。

 

相手からすれば戦略と言うよりやったもの勝ちという印象が強いカードが多く、なんかやりたい事やりたいけどやってたら相手にフルボッコにあるというコンセプトがアグロロイヤルデッキの特徴なのでなんともいえない感じがあります。

 

初見ではかなり辛いのと1・1交換に持っていく際に全体攻撃がなければ詰む点。

 

そして剣豪や潜伏によってちょっとした高打点を消す動きと、攻撃をすり抜けるなど初心者にはかなりオススメなデッキだったりします。というか初心者さんはこのデッキで一度遊んでみてるみほうが絶対に面白いです。

 

■ このロイヤルデッキの強さとは。

 f:id:hukusyunyu:20160625030437p:plain

相手がPP5の時点で勝ち確定になる場合も。

 

速いアドバンテージの獲得とカード取得の早さにあります。故に盤面の調整が勝負の鍵で相手の出方を伺う前にこちらが攻め込める立場でなければなりません。

 

ロイヤルデッキではミッドレンジでのカードも中々に優秀で攻撃力が5以上のカードを進化するだけで破壊できたりするカードも多いので速攻に対して大型を守護を出されても手札の引き込みでなんとか対策が出来るのです。

ランクが低いうちはこれでなんとか対処できる敵は多いのでその点は安心できますね。

 

f:id:hukusyunyu:20160625005144p:plainf:id:hukusyunyu:20160625005150p:plain

進化してきたカードを返り討ちに出来るカウンターロイヤルという立ち回りは使うとかなりドヤァと出来る事間違いなし!

 

 

一方で、潜伏は相手の攻撃対象にならない効果で相手のマジックやフォロワーの効果でしか消す事が出来ません。こういったフォロワーには最終的にコストが重かったりする事もあり相手の対策手段を如何に消させるかが勝負の鍵になるでしょう。

 

■ アグロロイヤルデッキ(フェイスロイヤル)の立ち回り方について考える。

 

1ターン目に出せるカードが無ければ全て引きなおすくらいの覚悟でマリガンを行いましょう。エリカデッキのロイヤルは盤面が揃う事で効果が発揮されるカードや全体的に速攻に炊けたデッキなのでまずは初手で動ききる事が大事です。

 

クイックブレーダーやヴァンガードは初手で展開する場合ではかなり大事な役割を持ってます。ここら辺で動けなかったらちょっときついかもしれません。

 

2ターン目から3ターン目にかけてが非常に怖いところです。

 

相手からすればフェアリーではベビーエルフ・メイや、森荒らしへの報いなどの除去を飛ばしてくる段階です。ここで相手の展開を上手く立ち回れるかが勝負の鍵を握っています。最初が肝心といいますが、初手でのカウンターは本当に辛い。

f:id:hukusyunyu:20160624084538p:plain

 

 

一つ言えるとすれば単純なビート戦術に加えて相手の除去をどこまで気にせず突っ走れるかがポイントになるでしょう。

 

 ■ 4ターン目の動きで戦い方が変わる。

さてロイヤルデッキでの最難関はこの4ターン目にあります。

 

4ターン目では相手もある程度の除去を打ちつつ展開してきますし、進化もしてくる段階まで来ているので、こちらとしては相手の出方を見決めなければなりません。この段階で出来る事は

・フォロワーの展開

・軍師の妙策での確保

での 行動パターンのはずです。5コストまで到達すると、剣豪が出せるところまで行くので、この辺りまでで何が充実していないのかと見極めないといけません。

 

f:id:hukusyunyu:20160625020026p:plain

 

手札の枯渇か、盤面の調整か。

デッキによってはかなり大事な局面なので考えて動きましょう。

関連記事

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。