FF14日記~本日はアレ鯖よりお送りします~

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【備忘録】歩きスマホの怖さをポケモンGOで知る。今後気をつけたいのでちょっと考えます。

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



最近ポケモンGOというのが、海外で配信されて歩きスマホが問題になる事件が起きました。これに関しては社会問題な気がします。というか日本では深刻な問題でしょう。

 

bylines.news.yahoo.co.jp

ニュースやネットでは、こういった事案がかなり注目されてました。実際に筆者もこのポケモンGOのゲームでは危惧していた話題だったりします。特に私の場合は歩きでスマホをするとフラフラしてしまうので出来ないのですが、こういった問題が起きている以上歩きスマホの問題は書いておくべきなのでは?と思い筆を取らせていただきました。

 

 

なんせ、アニメのスーパーマサラ人サトシですらポケモン図鑑を開くときは歩いてません!

「あ、野生のピカチュウだ!」

 

とか良いながら歩いてはいないでしょ?要するに普通の人にはかなり危険な行為だと分かります。いや、そこで納得してしまうのはだめでしょ!(笑)

 

■ スマホと歩きの関連性は外に出て初めて痛感する。

 

実際のところゲームでアクションというのは普通に見慣れた光景だと思います。

たとえば、ゲームセンターでのダンス系ゲームとか、家でやるものならWIIなどが筆頭ですが、歩き回るという動作に関しては今までなかったという訳ではありません。

 

たとえば90年代のたまごっち。それに伴ったシリーズはやっぱり歩くというのをコンセプトに歩数系とともに遊ぶゲームもありました。あるくんですや、ヨーカイザー(懐かしいなwそんなのあった気がするんですけど・・・)というシリーズは歩く事で初めて遊べるゲームとして知られています。

 

 

ですが、最近の技術の進歩によって、スマホに変わるとそれを持って探し回ることがコンセプトになってしまいました。これはいわばアトラクションの捜索のようなものですが、ああいうのは周りが比較的安全でプレイしているもの。

 

現実ではそこまで安全ではありません。

 

 

ワイオミング州ではポケモンを探していた19歳の女性が川で遺体を発見してしまったことも話題になっていました。この点に関してもですが大人になりそうな人であってもこの問題を抱えてしまっているという事です。川の近くにポケモンがいるからと言って、川の付近で歩きスマホは本当に危ない。

そして、それが交通機関の場所であってもかなり危険なことに変わりはありませんので皆さんも歩きスマホには注意しましょう。

 

■ 日本でのポケモンGO騒ぎはいったいどうなる?

 

また、日本では歩きスマホに関しての注意はいまだに多いです。ゲームの中でも歩きスマホはやめよう!というものがよく見られる様になってきて、今後こういったゲームの価値観はユーザーの行動しだいという感じが如実に現れるのではないでしょうか。

パズドラレーダー等にもそういったレーダー機能の前に歩きスマホは注意しましょう!との説明が出てきます。

 

今後のリリース次第ですが、歩きスマホにならない様に時計形でポケモンが出たらランプでお知らせしてくれるものもありますが。これも実際見てないと分からないとかだったら怖いですよね(笑)

アニメのポケモンの世界ではそこまで人口がいないのかポケモンが登場しても回りは自然しかありません。かと言いつつも自然でも凸凹な地形だったり、危険な場所は沢山あるわけで。ポケモノミクスとか色んな造語が出てきてにぎわっているポケモン事情ですが、筆者もポケモンGOが出たら歩きスマホはしないようにしますがかといって歩道の真ん中に立ってプレイすることはやめようと思います。

あと、出来れば夏まっさいちゅうに出るのは嫌だなぁ・・・

 

皆さん熱中症には気をつけて!!

 


[2CS]サントリー GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 (2Lペットボトル×6本)×2箱 お茶

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。