読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まい。のポケモンサンムーン日記帳。

ゲームレビュー&偏見ありの個人ブログです。ゲームを淡々とプレイして感想を書いていく&考察と感想を取り扱ってます。

私の個人ブログ記事一覧。

【【VCポケモンレポート日記1】初代ポケモンvcをプレイして。初代から見るクソゲー具合と吹雪ゲーを懐かしむ。

Amazonのモバイルバッテリー の 売れ筋ランキング ブログ内最新記事一覧です


スポンサーリンク



という訳で、実はポケモン初代を買ってきました。

 

 

実際初代ポケモンは全シリーズ集めてた感じで、赤緑青ピカチュウなど全てのソフトは持っていたりしますが今回とりあえずFF14がシャキらない間プレイすることに(笑)実際ぜんぜんマッチングも無いし余った時間はこれで潰すことにします。

 

今回は一応バグでも遊べるように緑を選びましたが、メガシンカやその他御三家の入手なども踏まえるとピカチュウ版しか必要ありませんが・・・グラフィックなどの個性は実際青などの方が凄かったりしました。ゴルバットとか。

 

一応ピカチュウ版は相手のレベルが高かったりちょっとバランスがおかしいんですよね。


ポケットモンスター 緑 専用ダウンロードカード特別版 (『ポケットモンスター X・Y・オメガルビー・アルファサファイア』で利用できる幻のポケモン「ミュウ」の特典コード付) &【Amazon.co.jp限定】「ポケットモンスター 緑」デザイン PC壁紙配信

 

 ■ 初代が新作に引き継げると言うのは良いこと?

実際初代のポケモンが次回作に引き継げると言うのは非常に凄いことです。というのも実際ポケモンが最新作を出すときにルビー・サファイアでは一度互換性を切っていることに関係があるんですよね。

そもそもハードやセーブ方式の仕様等に加えて努力値を変更したことによる弊害ですが、今回はそれをリベンジした形になっています。そういう意味ではかなり重要な事なのかもしれません。特にVCの価格は600円程度なのに対しこの初代が異様に高いのはその部分が絡まってるからだとも思えます。

 

という事はサン・ムーンの基盤はほとんど出来上がっている・・・という感じもしますが初代ポケモンでのバグがどうなるのかは未検証。

 

という事で、今回はバグをやるつもりでも無いですが、プレイしたかったという気持ちの方が強かったのかもしれませんしただブログのネタが尽きたから。。。と言うほうが個人的にシックリ来る話題でもあります。都市伝説とか怖い話での検証でも使えますし、ポイントで買えたのは大きかったのは内緒です。

 

■ 初代ポケモンは意図せず見れた冒険ゲームの1つ。

実際ポケットモンスター・・・・通称ポケモンは面白いソフトです。オーキド博士に新作の図鑑を完成させて来いと言われて旅に出され、悪の幹部という親がいたらその場でぶん殴るんじゃないかと言わんばかりにアジトに潜入し壊滅されると言う後の名誉より後の命の方が怖いんじゃ無いかってことを平然としているのがこの主人公。

 

御三家と言われるある意味では優遇されたポケモンを最初に保有しますが、それでもこの旅は無謀でした。ただ、金銀までのストーリーはただのバッジを集めるだけの冒険で伝説のポケモンに関してはまったくと言っていいほど絡まない。

また道中のジムリーダもただ力を試すだけの存在になっています。ゆえに最後が燃えるんですけど。

 

 

どれ位伝説のポケモンに絡まないかというとサカキという悪の親玉がミュウツーという存在を人工的に生み出すという位の事をしでかしてるのに、フリーザーやファイアーには見ないふり。特にフリーザーに至っては望遠鏡で見れるレベルの存在を手放すと言うのはあまりにも馬鹿げてるのではないか!実際サカキの手持ちにもしフリーザーがいれば8人目のジムバッジを取ることはかなり難しかったに違いないでしょう。ふぶき乙。

 

こういう伝説は自分の目で見て確かめるという感じが筆者は好きでした。こう最近のポケモンは伝説のポケモンに出会うと言う運命的なものが多く、中々に違和感を覚えてしまう感じもありますしわざわざ悪の軍団が伝説の力を求めるとどうせバランスの崩壊にしかなり得ないわけです。

 

現にダイアモンドパールでは時間と空間を歪めるポケモンまで出てきてしまいましたし更には創造主というアルセウスまで登場してしまいました。こうなっては後は何を出せばいいか分かったもんじゃない。次回作では・・・なんとメンタル面に向けた理想と真実を掲げられ、困惑した人もそのインフレがなくなった事によるショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

 

というものは初代では全然無くて、伝説のポケモンに頼らず世界を征服しようとしたロケット団はかなり悪質かつ非道なことばかりしてましたよね。漫画版ではなんか伝説のポケモンが合体してましたが・・・。

■ クソゲーと言われたバランスそれは今でも変わらない。

 

また、ゲームバランスという部分は忘れてはいけません。よくポケモンでバランスガーと言っていた人も多いですが実際ポケモンはこういうゲームだという認識で良いと思います。

 

実際初代のポケモンのバランスはひどいもので、吹雪を打って凍れば戦闘不能。公式トーナメントではケンタロスが100パーセントパーティに入っていたなど案外現在のメガガルーラよりひどい環境だと思うんです。

ダイパでのガブリアスなど実はメジャーなポケモンに対しては優遇が凄く、インフレで捉えて環境を整えているという部分は変わりありません。実質700匹と言う大台に乗ってるポケモンですら良く見るポケモンはあまり上位では変わらないものが多いのではないでしょうか。

 

特に愚痴を吐くという意味でもありませんが、初代ポケモンのゲームバランスを考えるとこういう必ず1匹はシリーズごとに強いポケモンが出てくるイメージはあります。ただそれを最近では払拭するかのように、様々なポケモンが選出され世界的に有名な対人ゲーになってますが・・・そういった層は上位だけでおそらく大半の人は勝ててないゲームで尚且つメガガル入れてればとか固体値がという考えの人が多いと思います。ゲーム内での格差が半端無いのです。

とりわけ筆者は@マークの時代を知ってる人ですから・・・今の時代はそういう概念も無くなったのかという呆れもあるんですけどね。それはまた後の機会に。

 

■ と言いつつも差し引けば良ゲーになるのがポケモン

何か変わったのかと言われればただ冒険活劇に伝説が絡んでくるポケモンシリーズ。実際ゲームでマンネリを感じたときはユーザーを増やして対人で遊ばせると言うものが多くなりましたがポケモンもその例外を外れることなく対人に対しての調整を続けているゲームなのかもしれません。

 

実際初代からに比べれば確実に最新作は良くなっている感じもします。ただユーザーが同じようにバッジを集めると言う行為に加えてマンネリを感じてやめる人もいます。倍速に出来ないし固体値の厳選は端から見ているとスマホゲーのリセマラのようです。そういった何か廃人向けの歪なファン層に受けるシステムは確かに愛情を注げば答えてくれるし、出てきたときの嬉しさは感動物なのでしょう。

 

筆者は今タマムシ辺りにいます。そしてもうすぐロケット団のアジトに潜入するといった所です。出来れば初代の何も知らなかったあの時代に戻れたらなと。固体値とか努力値とか・・・数値だけに縛られない楽しさが今後ポケモンに戻ってくればいいなと思います。

 

それではノシ

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 著作権について。 当ブログ”まいのゲームプレイ日記帳”で掲載されている 画像データ・情報・などの著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属致しま す。 著作権所有者様より、掲載内容の訂正、削除を求められた場合には、速やかにその指示に従います。 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。このブログでは画像等の使用にamazon・楽天・駿河屋アフィリエイトを使用しています。